fc2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

11月28日、本日は教科書にはない関数を4個も学習しました。
使い慣れればかなりの頻度で利用できそうです。
 RANK関数、PHONETIC関数、COUNTIF関数、そしてDATEDIF関数です。

ではまずRANK関数から。これは与えられた数値に文字どおり順位をつける関数です。
●順位をつける数値セルを指定→
全体のセルを選択し絶対参照にしておく→
降順or昇順を指定→順位表完成
RANK関数
次にPHONETIC(フォネティック)関数です。
聞きなれない関数名ですが、フリガナをつけてくれる機能を持ちます。
大切なことは、この関数を使用するときは、
漢字を入力する際には正しい読み方でキーを使うということです。
つまり永田という名前を入力する際にナガというキーで永を入力しないで
エイというキーを使用してしまうと名簿は永田となっていてもフリガナはエイダと
パソコンが判断してしまうからです。これの修正はできないので入力時の注意が肝要です。
●フリガナを入れる位置のセルを指定→外套の漢字名セルを指定→フリガナ完成
フリガナ関数
3番目のCOUNTIF関数は与えられた条件で数値も文字列もカウントしてくれます。
●検索範囲のセルを選択→選択条件を入力→完成
COUNTIF関数
最後に学習したのがDATEDIF関数。これは指定の日までの年数”Y” 月数”M” 日数”D”をカウントします。
これは手入力で関数名を表示させます。、たとえばオリンピック開催日までの日数がすぐわかります。
●=DAYEDIF(古い日付、新しい日付、単位)と入力します。単位には上記の略号のいずれかを入れます。
DATEDIF関数
以上ですが、日々使用しないともったいない機能です。

Office専攻科 受講生全員

Author:Office専攻科 受講生全員
FC2ブログへようこそ!